中根 弘貴オーナー
愛知県 6店舗

1店舗目オープンから1年4ヶ月で6店舗体制を実現!7店舗目オープンも控え、愛知県のリユース市場席捲を目指す!

PROFILE

アパレルや携帯販売の仕事を経験した後、24歳で独立開業。10店舗を展開する事業を手がける傍ら、新規事業として買取ビジネスへの参入を決意。2019年2月に1店舗目オープンを皮切りに、続々出店を実現。2020年6月には6店舗目を開業。

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

大手FCの説明会は、ほぼ全て参加。WAKABAの決め手は収益実績でした。

地元に密着した事業を展開し、10店舗を経営しています。新たな事業の柱がほしいと考え始めたのは30歳の頃です。

1.少人数でできる 2.在庫リスクが一切ない 3.営業時間が決まっている

上記3点を必須条件として様々な業種・業態を比較検討し、絞り込んだのが買取業界です。買取のフランチャイズを手がける起業の説明会には、ほぼ全て参加したと思います。当初は「業界大手が良いだろう」と考えていましたが最終的に選んだのはWAKABAでした。

決め手は、損益モデルの数字です。1年以内の投資回収も可能で、苦戦しているという店舗でも黒字を達成できているビジネスモデルを見てWAKABAならしっかりと収益を上げられると確信し、2018年11月に加盟しました。

Q2仕事の魅力やりがいについて教えてください。

継続して利益を上げられるモデルが心強い。3年で10店舗体制が目標です。

心がけているのは、お客様のお話をしっかりと伺い、次に繋がる接客を実践することです。オープンして間もない時期にリピーターとなってくださったお客様もいらっしゃいます。来客数が着実に増えている一方「収益をキープできるか」という不安もあります。しかし、他のWAKABA店舗を見ると、継続して利益をあげている店舗ばかりです。先輩オーナーの方々の事例が心強く、私の事業を後押ししてくれています。

2019年3月には、蒲郡市で2店舗目を開業。年内には4店舗を展開したいです。今後はスタッフを増員し、私は経営に専念するつもりでいます。売上目標は1店舗あたり1ヶ月の来客250人、粗利300万円。年間3〜4店舗を増やし、3年後は10店舗体制を目指しています。

2019年2月/1店舗目オープン!
2019年3月/2店舗目オープン!
2019年11月/3店舗目オープン!
2019年12月/4店舗目オープン!
2020年6月/5店舗目オープン!
2020年6月/6店舗目オープン!

Q3経営又は現場においての失敗談を教えてください。

対応の難しいお客様が来店。本部SVのアドバイスで乗り切れました。

開業後しばらくは順調に買取ができていました。業務に慣れ始めた頃、対応の難しいお客様がいらっしゃいました。最初は慌ててしまったのですが、本部SVの方が店舗に常駐している研修期間中だったので、アドバイスを受けながら対応。最終的にご納得いただける価格で買取ができました。本部SVのアドバイスが本当に心強かったのと同時に、接客の重要性を学ぶ良い経験になりました。

加盟検討中の方へメッセージをどうぞ。

もともと手がけていた事業は、24時間営業の形態。トラブルが発生すると夜中でも電話が鳴る生活でした。その事業は信頼できるスタッフに任せ、現在はWAKABAのビジネスに専念しています。これまでのビジネスモデルとは違って20時には帰宅、休みも取れていて、プライベートを楽しむ時間も増えました。【営業時間が決まっている】という加盟条件はこのためです。仕事漬けの毎日は確かなリターンがあったとしても肉体的にも精神的にも消耗が激しく、将来をプランニングするにあたって大きなネックです。

WAKABAは小スペースなうえ、軌道に乗ってからの安定感が強く、気を休めることが可能です。同じ悩みや課題を抱えている方も多いと思いますので、是非一度説明会に参加されてみてはいかがでしょうか?行動あるのみです!

ページトップへ