マーケットについて

WAKABAは他社には負けない
サポート力が最大の魅力です

不用品を現金に換える買取業界は、
不況しらずの成長ビジネスとして注目されています!

伸び続ける買取市場

拡大する買取市場は2020年1.7兆円、2025年2兆円規模になると予想。各地域での局地戦が、「勝ち組」となれるかどうかの明暗を分けるのです。WAKABAは営業・接客・鑑定・集客における強固なノウハウでシェア獲得が見込めます。1日5~10名ほどの接客対応なので、マイペースに仕事をする事が可能。

伸び続けるリユース(買取)市場

約8割の方が使わなくなったものを退蔵しています

現在、日本中の多くの家庭には、すでに大量の退蔵品が存在する調査結果がでており、今後、社会全体が高齢化を迎えるなかで、その傾向はさらに進展するものと予想されます。

また現在の傾向として、中古品にたいしての抵抗感も少なく、高いものを安く手に入れられるリユース品のニーズが高まっている傾向にありその市場は今後も期待ができると言えます。

出典:経済産業省「データで見る消費者とリユース」

自宅に退蔵している品目抜粋

自宅に退蔵している品目の割合

フリマアプリとの優位性

過去1年間に自らが使わなくなった製品の売却・引き渡し経験を調べたところ 「利用したことがないが最も多く60.5%」であったが、次いで「リユースショップ19%」 「フリマアプリ2%」「ネットオークション 9.9%」「郵送・宅配買取サービス 6.1%」と、 直接店舗へご来店されての売却が17ポイント高い結果となっています。

また、年代別、流通経路別の内訳をみても「リユースショップ」10代、20代24.2%、60代11%と以外にも10代、20代のスマホユーザの店舗利用による売却が一番多い結果がでています。

さらに、フリマアプリを利用しないユーザへのアンケートに、利用しない理由として「販売や購入の際にトラブルになりそうだから」34.6%次いで「使い方がわからないから」27.7%「送付する手間がかかるから」25.5%という結果でした。このことからも、フリマアプリはスマホを活用できる人にとってはとても便利なツールですが、面倒、操作が苦手、スマホに慣れていないといったユーザからすると扱いにくいものとも言えます。

これらのことから高齢化が加速していく今後、店舗型のニーズは確実に必要とされていくことが予想されます。人と人との繋がりを大切にする店舗型は、手軽に直接足を運べて安心して売却ができるため非常に優位といえます。

出典:MMD研究所

リユース市場動向調査

出典:経済産業省「平成27年リユースの市場動向調査結果(暫定版)」

買取専門店の主な取扱品目

  • 貴金属
  • 切手
  • 金券
  • 古銭
  • ダイヤ
  • 時計
  • カメラ
  • ブランド
  • 携帯電話

WAKABAではさらに下記商品など、
幅広い買取品目を取り扱っています!

  • 貴金属
  • 貴金属
  • 貴金属
  • 貴金属
  • 貴金属
  • 貴金属
  • 貴金属
  • 貴金属
  • 貴金属
リユース(買取)ショップWAKABAの内外装
ページトップへ