竹村 洋隆オーナー
神奈川県 1店舗

開業半年、1人での運営で月商600万円を達成!スタッフ増員と事業拡大が今の目標!

PROFILE

小売業の店長、コンサルティング会社での人材管理などを経験し、30歳の時に飲食系FCで独立。1人で運営できるビジネスに参入したいと、2018年9月、WAKABAに加盟。2019年2月開業。少年サッカーのコーチとしても活躍。

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

1人開業できるビジネスとして買取を選択。
本部の確かなサポート体制が加盟の決め手に

「30歳で独立する」という夢を叶え、お弁当の配食のFCに加盟して独立。 業績も良く、法人化することができました。 けれども、飲食業界は人材不足に悩まされていて…。 この状況はしばらく改善されないのではと考え、黒字のうちに事業を譲渡。 私自身は1店舗1人で運営できるビジネスを始めることにしました。

次のビジネスとして買取を選んだのは 1人で開業できることに加え、低資金で参入でき、今後も成長が期待できる業界だから。 買取業界でFCを展開する5~6社の説明会に参加した中でも 「WAKABA」への加盟を決断した決め手は お客様が来店しやすい店舗デザインと、本部の確かなサポート体制。 安心して開業できる環境が整っていると確信しました。

Q2仕事の魅力やりがいについて教えてください。

1日3~4人の来客で黒字化できるビジネス。
スタッフを育成し、2店舗目を出店したい!

来客数は1日平均5~6人、月150~160人ほど。 1日3~4人のお客様で収益が安定するので、1人でも十分対応できますね。 開業して半年ほどですが、リピーターのお客様も増え、月2~3回ほど足を運んでくださる方も。 月商600万円を達成しています!

買取の仕事は、まずお客様の思いを知ることが大切。 私の経営する店舗は、ご高齢のお客様が多く、 「捨てるのではなく、必要な人に使ってもらいたい」という方も多いんです。 品物にまつわるエピソードをお伺いし、お客様の思いに応える買取を心がけています。

今は1人で運営していますが、ゆくゆくはスタッフを増やしたいと考えています。 スタッフを育成して2店舗目を展開し、事業を拡大していきたいですね。

Q3経営又は現場においての失敗談を教えてください。

初めは知らないブランドに戸惑うことも…。
今では知識を増やす楽しみを感じています!

骨董品などを見るのは好きでしたが、買取の知識ゼロからのスタートでした。初めの頃は、ブランドの知識も浅くて…。有名ブランドはわかるのですが、女性向けのファッションブランドは知らないものもあり、調べてみたら「高額な商品だった!」ということもありました。自分で調べたり、SVの方に質問したりして、少しずつ知識を蓄積。今では知識が増えていくのが楽しみでもあります。

加盟検討中の方へメッセージをどうぞ。

仕事とは別に、地域の子どもたちにサッカーを教えています。店舗の営業時間は10~19時で、早朝出勤や残業はほぼありません。時間の融通が利くので、サッカーを教える時間を取りやすくなりました。もちろん、家族と過ごす時間も大切にしています。今は仕事に集中するために休みを取っていませんが、スタッフが増えたら休日を作り、家族との時間やプライベートをさらに充実させたいですね。

ページトップへ