濱地オーナー
福岡県 1店舗

個人独立とは異なる、本部という基盤のうえに成立する自由と裁量。

PROFILE

長年勤めた製鉄関連の会社が廃業し、真剣に独立起業を検討開始。関東滞在時にとある店舗の買取コーナーで行列が出来ており、需要の多さを実感してリユース業界に興味を持つ。

各媒体から説明会を申し込み、FC契約内容と本部スタッフの人間的魅力から2021年3月にWAKABAへ加盟。同年9月に1号店をオープン。

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

独立か転職か。きっかけは一つでした。

20代前半から某製鉄関連の会社に勤めていました。勤めていた頃は、勉強や就活という努力の結晶で就職できたという実感もあり、転職や独立とは無縁そのものでした。

しかし、会社というのは分からないものです。順調に見えていた会社も、私が40歳頃に廃業に追い込まれてしまいます。

不思議と焦りはなかったのですが一つの仕事一本で生きてきた私に、選べる選択肢はそう多くは残されていませんでした。

年齢的なこともあり、独立も悪くないかと考えていたのですが、仕事の関係で関東に滞在していた時のことを思い出します。

今考えると何かの催事やイベントだったかもしれませんが、とある施設の買取コーナーに行列が出来ていたんです。買取に一切興味の無かった私ですが、あまりのインパクトに社会的な需要を感じました。

そこからは早かったですね。買取に特別なスキルが必要ないことを知ると、独立へ向けて動き出し、個人独立とフランチャイズ加盟の両方で検討を開始。

実績があるというアドバンデージを活かしつつ、裁量が大きく、自由度の高いWAKABAを選ぶのは自然だったように思います。

Q2仕事の魅力やりがいについて教えてください。

これまで経験したことのない接客。
感謝されると自分を肯定されているようです。

お客様は1円でも高く売りたいのは当然ですが、整理(処分)したい気持ちが強い方も意外と多いんですよね。

中にはお値段を付ける事が難しい商品もありますが、そういった商品も損得抜きでお引き取りするとお客様から非常に感謝されます。

前職ではお客様と直接相対することがなかったので、その日に初めてお会いした方から感謝されるというのはとても新鮮なことでした。

社会貢献や事業目標達成というスケールと比べるとチープに聞こえてしまうかもしれませんが、感謝されることは想像以上に嬉しく、仕事の意味を実感する瞬間でもあります。

他には、広告宣伝、施策、卸先選定などを納得いくまで自由にできることです。WAKABAの場合は、サポートや推奨があったうえで自由に決めれることが大きいですね。

Q3経営や現場での失敗談を教えてください。

広告宣伝費の考え方はものすごく大事

試験的に広告費をゼロにして月があったんです。驚くほど来店が減ってビックリしました。

SVに相談すれば100%反対されたんだろうと思いますが、一度やってみたことで広告運用とその費用について学べたことはある意味良かったのかもしれません。

失敗とは違いますが、きっと誰もが通る道になる高級時計の緊張査定。

ベルトを元に戻すことができず手が震えましたね。今では仮にそのような状況になっても場を繋ぐ会話をするなど余裕があるのですが、当時はどんな顔で触っていたか想像できません。

何事も経験ですね。

加盟検討中の方へメッセージをどうぞ。

WAKABAの最もな魅力はオーナー裁量が大きいことだと私は思います。

普段は自由に経営しつつ、必要に応じて本部の力を借りるというハイブリットな立ち回りが可能です。

力を借りる時も、担当SVをはじめ、ブランド、貴金属、webなど各エキスパートがいるので安心して店舗運営出来ます。

ちなみにですが、私の店舗はお世辞にも好スタートとは言えないオープンを迎えました。

しかし、WAKABAでは他店舗の成功事例(失敗事例も)が共有されており、自店舗独自の方法が上手くいかない時などは、実績ある店舗の方法等を模倣することで活路を開けます。

これもFCであるWAKABAの強みですね。

個人独立とFCの良い部分を集めた経営がしたい方にお薦めの本部だと思います。一緒にリユース業界を盛り上げましょう。

ページトップへ