買取業界の将来性は?買取業界への新規参入で勝ち組になる方法

「買取業界には不況の波が押し寄せている」「リユース業界の倒産件数が増加している」という話を耳にして、買取業界の将来性に不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。実際に、フリマアプリなどによって個人間で不用品の売買が行われるようになってから、買取業界において苦戦を強いられている会社が存在することは事実です。ですが、買取業界の市場規模は、2020年1.7兆円、2025年2兆円と増加傾向にあり、買取業界の将来性は明るいことが予想されています。買取業者の中でも業績を伸ばしている会社はもちろんありますし、これから買取業界に新規参入したとしても、勝ち組になれる方法はあるのです。ここでは、買取業界の将来性や、買取業界への新規参入で勝ち組になる方法について解説します。

 

 

買取業界に将来性はあるの?

 

不用品を現金に換える買取業界は、将来性の高い、不況知らずの成長ビジネスとして注目を集めています。

たしかにフリマアプリの影響を受けた買取業者も少なからず存在しますが、経済産業省が公表した「平成27年リユースの市場動向調査結果(暫定版)」によると、過去1年間における、自らが使わなくなった製品の売却・引渡し経験を把握したところ、自らが使わなくなった製品の売却・引渡しは、「過去1年間で利用したことはない」が最も多く 60.5%、次いで「リユースショップ・中古品販売店」が 19.0%、「フリマアプリで売却」との回答は 2.0%でという結果が出たそうです。

 

ここで注目すべきは、「過去1年間で利用したことはない」という人が60.5%もいるということです。同様に、現在、日本中の多くの家庭には、すでに大量の退蔵品が存在するという調査結果がでていて、今後、社会全体が高齢化を迎えるなかで、その傾向はさらに進展するものと予想されます。

 

例えば、核家族化が進んでいる現代では、自分自身が元気なうちに持ち物や財産を整理する「生前整理」が増えています。生前整理とは、自分が死んだあとのことを考え、生きている間に財産の整理をすることをいいます。必要なものか不用なものなのかを自分で判断しながら整理しておくことで、自分が亡くなったあと子供にかかる負担を軽減したいという方や、生前整理によって時計やアクセサリーなどの財産を買取業者に売り、現金に換えることで老後の生活を豊かにしたいと考える方が増えているのです。

 

買取業界には、まだまだ発掘されていない市場が存在します。「不用品を売りたい人から買い取る」という視点から、「買取業者を必要としている人は誰なのか」という視点に変えてみることで、新しい市場が見えてくるかもしれません。特に、今後ますます高齢化が進む日本において、生前整理を希望する人はさらに増加するでしょう。

 

買取業界にはさらなる将来性があると考えることができます。

 

 

買取業界の魅力とは?

 

買取業者を必要とする人は、高齢者だけではありません。近年、ミニマリストや断捨離という言葉が当たり前のように使われるようになりましたよね。断捨離は、ただ単にものを捨てるというだけでなく運気がアップする行為としても注目されているため、日本だけではなく海外でも注目を集めています。

 

買取業界の魅力とは、今はまだ発掘されていない潜在的なニーズと言えるのではないでしょうか。

 

断捨離はしたいけれど、まだ使えるものをそのまま捨ててしまうのはもったいない…、そう考える人は少なくありませんし、また多くの家庭には、お土産でもらったお酒、少し前に気に入って買ったけれど今は使っていないブランドバッグ、祖母や母から譲り受けたアクセサリーなど、使われずに退蔵されている物品が山ほどあるはずです。こういったものを売るために、多くの人が買取業者を利用してくれるようになれば、買取業界のビジネスチャンスはさらに広がり、市場規模も一層の拡大が期待できます。

 

 

買取業界への新規参入は難しい?

 

しかし、買取ビジネスに興味があったとしても、買取業界において個人開業による新規参入はなかなか難しいというのが現実です。特に買取業界未経験の方が個人開業する場合、まずは買取査定におけるノウハウをゼロから学ぶ必要があります。また、集客はどうするか、買い取った商品をどう販売するか、在庫リスクを抱えずキャッシュフローを安定化するにはどうすればよいかなど、様々な課題をクリアしながら経営を成功させなければなりません。つまり、買取ビジネスへの情熱だけでなく、経営手腕やテクニック、そして買取ビジネスにおけるノウハウが必要になるのです。

 

買取業界への参入は、フランチャイズに加盟するという方法もあります。フランチャイズの場合、買取ビジネスを成功させるためのノウハウがすでに存在するため、個人で開業する場合であっても、経営に成功する可能性は一気に高まります。さらに将来性が見込める買取業界だからこそ、フランチャイズで得られるメリットは非常に大きいといえるでしょう。

 

 

買取業界参入で勝ち組になれるWAKABAのフランチャイズ

 

買取業界で勝ち組になりたい!という方は、ぜひWAKABAのフランチャイズでの開業をご検討ください。WAKABAのフランチャイズで開業するメリットは、次のとおりです。

1.独自の店舗開発ノウハウ

2.店舗運営に必要な研修はOJTで

3.オープン後も不安なことはSV(スーパーバイザー)に相談

4.お客様の声を取り入れた店舗内装で入りやすい買取店に

5.低資金・小スペースでの開業が可能

 

各項目についてもう少し詳しくご説明します。

 

独自店舗開発ノウハウ

買取ビジネスに限らず、新規店舗をオープンする際に重要なのが店舗開発です。店舗開発では、店舗周辺における競合店の有無、商圏のポテンシャルなどを調査し、最適な出店立地を見つけ出します。

商圏分析は個人で調査するには費用が高く、出店地を判断するのが難しいという問題がありますが、WAKABAのフランチャイズ本部には独自の熟練した店舗開発ノウハウがあり、稼げる二等地立地の開発に力を入れることで、固定費を抑え、安定運営を実現しています。ローカル駅への出店実績も多数あり、全国での開業が可能です。

 

店舗運営に必要な研修はOJT で

新規で買取店をオープンするにあたっては、店舗業務の内容や接客方法も習得しなければなりません。個人で買取店を開業する場合には、これらをすべて自分で考えて準備しなければなりませんが、WAKABAのフランチャイズなら、成功ノウハウを凝縮した2週間のOJT研修をフランチャイズ店舗でも展開しています。

さらに、WAKABAが導入している最新のAI鑑定技術により、買取査定に関する知識が無くても簡単に偽造品を見分けることが可能です。鑑定精度99%のAI鑑定と充実した研修精度によって、未経験でも安心して開業することができます。

 

オープン後も不安なことはSV(スーパーバイザー)に相談

お店の運営は、想像どおりには進まないことがほとんどです。個人経営の場合、自分の思うとおりに経営ができるというメリットはありますが、逆に経営がうまくいかなくなってしまったときは相談できる相手がいません。しかし、WAKABAのフランチャイズの場合、オープン後も2~3ヶ月に1回の頻度で研修に携わったSVが店舗を訪問し、相談にのります。また、うまくいかないときや、不安があるときはいつでもLINEを通じて相談することが可能です。

また、お店の経営は、良い時ばかりではありません。時には、売上が思うようにあがらないこともあります。そんなときは、SVに相談することで、実績を出している店舗のノウハウを教えてもらうことも可能です。SVは、担当地域の複数の店舗の内容を把握しているため、適切なアドバイスを受けることができます。

 

お客様の声を取り入れた店舗内装で入りやすい買取店に

買取店というと、「なんとなく怪しい」「入りづらい」といったネガティブなイメージを持たれることもあり、店舗によっては集客に苦労するケースも少なくありません。WAKABAの店舗内装は、そんなネガティブイメージを一新すべく、明るくておしゃれな店舗空間を演出しています。

また、緑を基調とした木目調のデザインが清潔感と安心感を与えるWAKABAの店内内装は、新規オープンのお店でも認知してもらいやすいというメリットがあります。

 

低資金・小スペースでの開業が可能

WAKABAのフランチャイズに加盟して開業する場合、必要な初期費用は加盟金250万円とロイヤリティ月25万円のみ。WAKABAの買取店経営は、小スペースでの開業が可能なため、1人でも開業することが可能です。1人で開業できるということは、人件費負担がゼロ。また、WAKABAは店舗に在庫を持たないビジネスモデルなため、在庫リスクもありません。そのため、オープン初月から黒字達成というオーナー様も多いのです。

 

買取フランチャイズへの参入はサポート体制が整った本部で

買取業界に限らずですが、フランチャイズ契約をする上で大切なことは、複数のフランチャイズ本部のサポート内容を比較し、開業時だけではなく長期にわたったサポート体制が整った会社を選ぶことです。

同じ買取業界のフランチャイズ本部であっても、初期費用やロイヤリティの金額はもちろん、そのサポート体制は大きく異なります。

買取業界は将来性の高い業界ではありますが、フランチャイズならどこでも成功できるというわけではありません。どこのフランチャイズ本部を選ぶかは、勝ち組になれるか、それとも負け組になるのか、その運命の分かれ道になると言っても過言ではないのです。

買取業界に新規参入し、勝ち組になりたい!と考えるなら、まずは色々なフランチャイズ本部の説明会に参加してみることをおすすめします。本部の雰囲気に触れることもできますし、実際にフランチャイズに加盟して店舗を運営しているオーナー様たちから直接話を聞くこともできるはずです。

 

 

最後に

 

買取業界は、やり方によってはまだまだ将来性の高い業界だと言えます。特に核家族化が進んでいる現代では生前整理を行う人も増えていますし、多くの家庭には大量の退蔵品が存在するとも言われています。まだ1度も不用品を売ったことがないという潜在ニーズを引き出すことで、市場規模の拡大、新たなビジネスチャンスの創出は十分期待できる業界だと言えるでしょう。また、一度に大量の買い取りを希望する人はフリマアプリではなく実店舗での買い取りを希望する人が多いため、買取業者の需要は今後もさらに増えていくことが予想されます。WAKABAのビジネスについて、より詳細をお知りになりたい方は、ぜひ1度フランチャイズ説明会にお越しください。

ページトップへ