買取ビジネスに失敗するのはなぜ?買取ビジネスで失敗しない方法とは

買取ビジネスは、比較的リスクが低いビジネスとされているため、独立開業を目指す方のなかには、買取ビジネスに興味があるという方も多いのではないでしょうか。しかし、買取ビジネスを始めた人すべてが必ずしも成功するというわけではありません。そこで今回は、買取ビジネスに失敗する理由や買取ビジネスで失敗しないための方法についてご紹介します。

 

 

買取ビジネスに失敗する理由

 

買取ビジネスに限らず、どんなビジネスでも「成功しやすい業界だから」「簡単に始められそうだから」という安易な気持ちでビジネスを始めるのは危険です。まずは、買取ビジネスで失敗してしまう理由についてご紹介します。

 

 

開業資金の使い方を誤った

 

買取ビジネスを始める方法としては、個人で開業する方法とフランチャイズに加盟して開業する方法があります。

 

個人で買取ビジネスを始める場合は、ビジネスのやり方に縛りはありませんので、自分が望む形で自由に会社を運営することができます。たとえば、実店舗を持たずにネットだけで運営することも可能ですし、買取専門の店舗だけを準備して、売却はネットを利用するといった形にすることもできます。フランチャイズに加盟する場合は、本部から指定されている店舗運営のルールに則って店舗運営をすることになります。

 

個人で開業する場合、規定のルールはありませんが、その分、開業資金の使い道を誤ってしまうと、経営に行き詰りやすくなります。たとえば、開業資金のほとんどを店舗資金に充ててしまった場合、利益を出すまでの運転資金が不十分になってしまい、経営に行き詰ってしまうことが多いです。

 

フランチャイズに加盟して経営する場合は、開業に必要な準備はフランチャイズ本部のサポートのもと行うことが可能です。準備として必要なものはフランチャイズ本部で指定されていることが多く、初期投資としていくら必要なのか、開業後の運転資金としていくら用意しておけばよいかなど、フランチャイズ本部と相談しながら進めることができます。

 

ただし、フランチャイズ本部からの指示と、自分が予定していた初期投資資金の割り当てに大きくずれが生じてしまうと、フランチャイズに加盟したとしても、開業後の運転資金がショートしてしまう可能性があります。買取ビジネスで失敗しないためには、開業するまでの必要な資金だけではなく、当面の運転資金が不足しないように準備しておくことが大切です。

 

 

集客のために広告費を使いすぎた

 

新しく買取ビジネスを始める場合、集客は必須です。しかし、費用対効果を考えずにむやみに広告宣伝費を使い過ぎてしまうと、広告費が経営を圧迫してしまうことがあります。

 

買取店舗をオープンしたばかりのときは、お客様に自社の店舗を認知してもらうために、当然広告費を使った広告宣伝は必要です。しかし、費用対効果を十分に計算したうえで広告費を使わなければ、想定を大きく外した結果を招くことになります。

 

広告費をかければ集客できるという安易な考えで無駄な広告費を使い過ぎてしまった結果、資金繰りに行き詰まり、買取ビジネスに失敗してしまう人は少なくありません。お店の宣伝のために広告費を使う場合は、集客につながる宣伝方法をしっかりと見極め、適切な場所に適切な金額を投資することが大切です。

 

 

フランチャイズ選びで失敗した

 

買取ビジネスを始める方法としてフランチャイズに加盟するメリットは、次の2つです。

 

・すでに買取ビジネスのノウハウが確立されているため、未経験でも成功できる

・フランチャイズ本部のネームバリュー(知名度)を活用できる

 

ただし、買取ビジネスといってもその内容は幅が広いため、自分が目指す経営がしやすいフランチャイズ本部を選び、加盟することがとても重要です。フランチャイズは一度加盟してしまうと他のフランチャイズに乗り換えることは難しいため、自分が納得して加盟したいと思えるフランチャイズを探しましょう。

 

契約内容をきちんと確認せずにフランチャイズに加盟してしまうと、開業した後で、本部との考え方やサポートの内容に相違が生まれてしまうことがあります。フランチャイズ選びに失敗するとは、良くないフランチャイズに加盟してしまうという意味ではなく、自分と合わないフランチャイズに加盟した結果、失敗してしまうケースがあるということです。

 

 

買取ビジネスで失敗しない方法

 

買取ビジネスで絶対に失敗しない方法というものは、残念ながら存在しません。しかし、あらかじめ買取ビジネスで失敗しやすい原因を知っておくことで、失敗を回避することは可能です。買取ビジネスでの失敗例を踏まえ、買取ビジネスで失敗しない方法、失敗を回避する方法をご紹介します。

 

広告による集客は慎重に。努力による集客もある

繰り返しになりますが、広告戦略は入念に準備し、費用対効果をよく計算したうえで実行しなければ成功させることは難しいです。買取ビジネスの場合、地域によって広告のポテンシャルは変わりますので、どのような訴求にすれば最大限の効果が得られるかを考えなければなりません。

 

ただ、広告には無料のものが存在します。ブログやSNSです。短い期間で効果を得ることは滅多にありませんが、投稿を日々継続することで見てもらえる頻度や人数がアップし少しずつ効果が現れてきます。忙しい毎日の中にブログの執筆や、投稿内容を考える時間を作ることは難しいかもしれませんが、それはどの店もどの業種も同じです。結果が出なくても毎日コツコツと続けることで有料広告以上の集客ツールになることは珍しい話ではありません。

 

お客様の立場に立った接客スキルを身に着ける

サービス業の場合、どうしても自社の利益をあげるための方法を考えてしまいがちです。ですが、接客においては、お客様が求めているニーズに応えられなければ、安定した利益を継続的に出すことはできません。「お金はあとからついてくる」とよく言われますが、お客様に喜んでいただける仕事をしていれば、利益は必ずついてきます。

 

どうすれば儲かるかではなく、お客様が求めていることは何かを常に考え、お客様の立場に立った接客スキルを身につけると、口コミから評判になり、お店の繁盛につながります。

 

買取査定スキルを身に着ける

買取ビジネスを始めるのであれば、査定スキルを身につけることも大切です。WAKABAのフランチャイズでは、業界初のAI鑑定を導入しています。AI鑑定では、商品を撮影するだけで鑑定できるため、真贋能力は必要ありません。業界未経験者にとっては心強い味方となるでしょう。

 

しかし、実際にお客様に対面してお話を聞くのは、コンピュータではなくお店の従業員です。品物の知識がない人よりも、知識のある店員さんの方がお客様は安心することができます。

 

AI鑑定があるからと油断するのではなく、自分自身でも商品に関する知識を身につけ、日常的に査定スキル向上を意識しましょう。

 

 

買取ビジネスで失敗しないフランチャイズの選び方

 

フランチャイズに加盟して買取ビジネスを始める場合、どのようにしてフランチャイズを選んだらよいかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、自分に合う買取ビジネスのフランチャイズの選び方をご紹介します。

 

本部の雰囲気を確認する

ほとんどのフランチャイズでは、説明会を実施しています。自分に合うフランチャイズを見つけるためには、複数のフランチャイズの説明会に参加をして、本部の雰囲気の違いを確認してみましょう。説明の内容だけではなく、会場の雰囲気、スタッフ同士のやり取り、加盟店オーナーさんと本部との関係など説明会に参加するとわかることがたくさんあります。

 

説明会では、先輩オーナーの方が参加されていることもありますので、可能であればすでに加盟されているオーナー様から話を伺ってみるとよいでしょう。

 

本部の経営方針や考え方に同意できるか確認する

フランチャイズを決める際に一番大切なことは、本部の経営方針や考え方に同意できるかということです。

 

説明会だけではすべての内容を把握することは難しいかもしれません。しかし、本部の経営方針や考え方が合わなければ必ず本部に対して不満な気持ちが生まれてしまいます。不満は、最終的には本部に対する不信につながります。説明会でわからないことや不明な点があった場合は、積極的に質問することをおすすめします。

 

加盟金やロイヤリティなど加盟条件を確認する

加盟金やロイヤリティは、開業後の経営に大きく影響する問題です。フランチャイズ説明会では、実際の売上モデルを説明してもらえることが多いですが、売上モデルはあくまでも1例に過ぎないということを念頭に置きましょう。もちろん、モデル収益以上の利益を出せる可能性もありますが、それ以下にしかならない可能性もあるということです。自分が開業した場合、モデル収益と同じような経営ができるのかどうかをある程度予想し、その上で、加盟金やロイヤリティが無理のない設定になっているかを確認するようにしましょう。

 

本部のサポート体制を確認する

自分に合うフランチャイズを選ぶためには、フランチャイズ本部からどのようなサポートを受けることができるのかも確認しておきましょう。開業までのサポートはもちろん、開業後の売上・集客支援のサポートはあるかも確認しておくとよいでしょう。

 

 

最後に

 

今回は、買取ビジネスに失敗しない方法やフランチャイズの選び方について解説してきました。個人で買取ビジネスを始める人はもちろん、フランチャイズに加盟をして買取ビジネスを始める場合であっても、店舗の経営はオーナー様ご自身が行うことになります。

 

そのため、自社の店舗は、オーナー様自身が守っていかなければいけません。買取ビジネスに限らず、ビジネスには失敗はつきものです。個人で始める場合でもフランチャイズに加盟して始める場合でも、失敗を周りのせいにするのではなく、次に生かすことができる人は必ず成功につなげられるはずです。

 

買取ビジネスの開業でフランチャイズに加盟する場合には、WAKABAのフランチャイズをぜひご検討ください。すでに成功しているノウハウを惜しみなく提供し、開業後までしっかりとオーナー様をサポートする仕組みがあります。買取ビジネスにチャレンジしたい、もっと詳しく知りたいという方は、ぜひお気軽にWAKABAのフランチャイズ説明会にお越しください。

ページトップへ