山澤オーナー
山形 1店舗

保険営業と兼業で買取事業に着手。
実際に応対して分かった、買取事業は「接客業」

PROFILE

保険業界に6年勤続。兼ねてより興味を抱いていたリサイクル・リユースでの独立を模索。2021年12月にWAKABAへ加盟、2022年5月に1号店をオープン。保険業を続けながら2号店出店へ準備中。

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

低資金で在庫リスクなし
人生における分散投資

保険業界で生きていくには、常に新規のお客様を見つけていかなければなりません。今は順調にお客様を見つけられていますが、今後の不安はぬぐえ切れませんでした。

お金のプロとして、「お金の貯め方はリスク分散が大事」とお伝えしております。それは人生でも同じで、仕事の選択も「リスク分散」が必要だと感じて、新規事業をずっと考えていました。

そんな中、リユース業というフランチャイズがある事を知りました。そして、過去の実績からも、低資金で在庫がなくリスクが少ないこの事業に注目しました。

早速資料請求し面談をしたところ、WAKABAの考え方にいくつも共感できる部分があり、成功のイメージが湧いたので面談の次の日には加盟を決意しました。

Q2仕事の魅力やりがいについて教えてください。

買取金額以上に大事なことは信頼を勝ち得ること

オープン前より、「この業界はお客様とのコミュニケーションが一番大事」とWAKABAのスタッフ皆さんがおっしゃっていました。

正直、リユース業界は来店の数が多ければ、それで成功する業界だと思い込んでいました。

ところが、オープンして実際に接客をしてみると、その意味を理解できました。この業界は、お店に入りづらく、「騙されるのではないか?」と疑心暗鬼になられているお客様がほとんどです。

そこで、丁寧にお客様とコミュニケーションを図り信頼を得ることで、再来店のお客様がどんどん増えてきているのを最近は感じます。

信頼を得たお客様は、他のお品物もどんどんご持参いただき、売上アップにつながるのも本当に楽しさを感じます。

オープンしてみて人と人とで成り立っているこの事業にすごくやりがいを感じます。

Q3経営や現場での失敗談を教えてください。

知らない品物には構えてしまいますが
誠心誠意の対応で

この業界は初めてですので、ご持参いただく品物の多くは本当に見たことがないものばかりです。

やはりそんな場面でも、素人に見えないように取り繕うのに汗をかいております。

ただ、一度査定をしてご成約させていただくと、自信が持てて成長していることを自分でも感じます。

日々、成長ですね。

加盟検討中の方へメッセージをどうぞ。

加盟して以降、フランチャイズという仕組みは本当に素晴らしいと日々感じております。

それはWAKABAのフランチャイズには成功ノウハウが沢山あるからだと思います。

本部のサポートや担当スーパーバイザー方も本当に真剣で的確で、そこもWAKABAのフランチャイズの強みでしょう。

これからWAKABAのフランチャイズに加盟を検討されている皆様は、まずWAKABAのフランチャイズの説明を受けていただき、直接温度感を感じてほしいです。

そうすれば、本部の方々の「オーナーを成功させたい!」という熱い気持ちを感じ取れると思います。

そして、もし可能であれば近くのWAKABAオーナーのお話を直接聴くのも非常に勉強になります。もし、参画することがあれば、WAKABAのチームとして楽しく成功させていきましょう!!

ページトップへ